Staff Voice

想像以上に多くの経験ができる

渡辺 文也(28歳)

北海道大学 水産学部 海洋資源科学科卒

大田原農場スタッフ

病畜の体調管理

病畜の体調管理、早期治療

食欲の低下、乳量の減少、足の怪我等、 体調を崩して連れてこられた牛達や分娩を終えた親牛の体調管理と治療を行う仕事です。 牛の生死に深く関わる仕事なので大変ではありますが、その分、牛の体調変化を早期に発見し、 治療が上手くいって回復していく姿を見るととても安心しますし、やりがいも感じます。 分からないことは外来の獣医や上司に相談することでアドバイスを頂けるので、 大学で異なる分野を専攻していた私でもチャレンジできる環境が整っています。

牧草での飼料作業

想像以上に多くの経験ができる

普段の搾乳や牛舎掃除だけでなく、大型トラクターやパワーショベルの操作、 溶接や簡単な電装系の修理に至るまで教わることができます。 また、近年の酪農は大型化や機械化が進んでいますが、 弊社もこの1~2年で新しい設備や機械が増えました。 その中には日本で初めて取り入れたタワー型サイロバルクもありますが、 こうした最先端の機器も扱うことができます。そんな仕事を任せてもらえるかは、 本人の能力や適性にもよると思いますが、やる気を前面に出していけば、 色々な経験ができる職場だと考えています。

大型トラクターでの作業

規模が大きいことと、立地が良かった

昔から動物が好きで、大学では馬術部に属していたこともあり、 仕事もそういった関係に進めればと考えていました。 その上で、規模の大きさや実家からの距離を考えた結果です。 雰囲気等は働くまで分かりませんでしたが、若い人が多いこともあり、 気の合う仲間と飲みに行ったりできる良い環境だと思います。 昨年からフィリピンの方も一緒に働くようになりましたが、とても陽気で、たまにご飯に誘ってくれます。


TOP