Staff Voice

原点に戻って

宇井 真理枝(26歳)

東京農業大学 農学部畜産学科卒

大田原農場スタッフ

牛舎内風景

牛の飼育管理

現在シフト制で、搾乳、糞出、育成、哺乳の仕事に携わっています。 搾乳は体調の悪い牛を発見する必要があり、観察力が必要です。初めは苦労しましたが、 日々意識してたくさんの牛に触れていくうちに少しずつわかるようになりました。 牛はコンピューター管理されており、食べた餌の量がわかるため、早期発見につながります。 糞出は牛舎のベッドメイクをし、機械で糞を出します。 しっかり行わないと牛が病気になるため重要な仕事です。育成は餌やり、分娩の対応をします。 牛に一口でも多く餌を食べてもらえるよう考えながら餌を寄せます。哺乳は仔牛の飼育管理を行います。 仔牛は成牛よりも体調が変化しやすいため、より観察力が必要です。 生き物相手でマニュアル通りにいかないこともありますが、仕事の結果は牛達に表れるため、 やりがいがあります。

哺育牛舎内風景

牛の成長

規模拡大に伴い、入社当初より牛の頭数が増えました。毎日のように新たな生命が誕生します。 分娩の数時間前に別の牛舎に移動させて出産します。その分娩の予測が難しく、移動させるのが早かったり、 遅かったりすることもありますが、予想が当たった時は嬉しいです。 牛にきれいなところで安心して産んでもらいたいため、 毎日のように観察して的中率を高められるよう勉強しています。 そして無事に生まれた元気に育っていく様子を見ると嬉しくなります。 ホルスタインのメスは約2年で仔牛を産める身体になります。 私が哺乳の仕事をさせて頂いて約1年が経ち、その頃生まれた子がちが来年出産します。 その子たちが母になり、その仔牛たちを育てるのが今から楽しみです。

大型トラクター作業

原点に戻って

就職活動をしていく中で、子供の頃何になりたかったのだろうと思い、卒業文集を開いたところ、 「将来の夢は牧場で働くこと」でした。一層の事原点に戻ってみようと思ったことがきっかけでした。 求人票を見ると、業務制に部署が決まっているところが多かったのですが、 ローテーション制で様々な仕事に携わることができ、頑張った分だけ評価される制度に魅力を感じました。 会社見学の時は広大な牧草地、規模の大きさに驚きましたが、 大自然の中で働くことに惹かれて入社を決めました。 実際に働いていく中で、先輩方に助けて頂きながらも、自分の成長も感じられる職場です。


TOP