Staff Voice

農場の雰囲気と牛が好き

留目 恵梨子(26歳)

千葉大学 園芸学部 園芸学科卒

大田原農場スタッフ

搾乳作業

搾乳や哺乳担当

搾乳等の基本的な仕事に加え、哺乳の仕事も任せてもらえるようになりました。 搾乳は、新人と一緒に作業する時には、トラブルの対処法など、 早く一人前になれるよう色々なことを教え、共に学びながら仕事をしています。 ある程度仕事を任されているのかなと責任も感じながら、自分のやるべき仕事と、 後輩の指導も頑張っています。

哺乳の仕事はまだまだ学ぶことばかりです。毎日産まれるので仔牛の頭数は多く、 ミルクやりなど奮闘しています。仔牛はすぐ体調不良になるので、調子の悪そうな仔牛をいち早く発見、治療し、 のびのびと大きくするような環境作りに努めています。 今年で5年目になるので、ある程度牛の見方など分かるようになりましたが、酪農の仕事は奥が深く、 まだまだ勉強中です。後輩に教えながら自分も学び、日々働いています。

哺育子牛

牛の成長を見守れる

小さな頃から可愛がっていた育成牛が出産して母になり、一緒に働く仲間になると、いつも嬉しいです。 お気に入りの牛が分娩事故で死んだことがあります。分娩事故の確率はとても低いですが、 何事もなく分娩を終え、元気に搾乳されるのは当たり前ではないことをその時実感しました。 無事に分娩を終えると、安堵と労いとありがとうの気持ちでいっぱいになります。 私が入社した時は初産で若々しかったのに、今ではすっかりベテランお母さん牛になっているのを見ると、 時の早さを感じます。哺乳の仕事で生まれた時からの成長を知っているので、搾乳群にいるのを見ると、 親戚の子どもを見るような気持ちになります。酪農という仕事は、 牛を好きだという気持ちだけでは仕事ができない場面もありますが、 大好きな牛の成長を見守れるこの仕事はとても楽しいです。

大型トラクターでの飼料作業

農場の雰囲気と牛が好き

大学では植物を扱っていましたが、動物に関わる仕事がしていたいとずっと思っていました。 会社のホームページなどを見て、男女の区別なく仕事ができ、 頑張りを評価してもらえる制度であるところが魅力的に感じました。 会社見学に訪れてみて、思っていたよりもずっと大規模な農場で整った設備にただただ圧倒され、 または働きやすそうな雰囲気に「ぜひここで働きたい!」と思い入社を決めました。


TOP